髪型にお悩みの女性を主な対象とした男性受けを意識した髪型情報サイトです

それぞれの状況に合わせたヘアスタイルの活用

意外?ロングとショートのメンズ受けは……

女性のロングヘアとショートヘアに対する男性受けは、5:5から6:4とほぼ差が無くなりつつあります。
つまり、男性全体に受けがいい傾向にある地毛やナチュラル風のロングヘアやショートヘアに限って考えれば、男性に与える印象が悪印象になることはほぼなくなったとも言えるでしょう。

逆に言えば、無難なヘアスタイルであればロングヘアであってもショートヘアであっても印象に残らなくなったとも言えますが、かといって奇抜なアレンジを好む男性が多数派かと問われれば否定せざるを得ません。
女性のロングヘアとショートヘアに対する男性人気に差が無くなった事は、ヘアスタイルを決める上で男性受けを気にする必要性が低下した一方で、男性受けというヘアスタイル決定基準の一つの衰退を招く結果になったとも言えるのではないでしょうか。

相手と状況に応じたヘアスタイルの判断を

女性のヘアスタイルを決める上で一考の価値があるファクターとして、男性受けが考えられます。
もちろん男性受けが全てではありませんが、ヘアスタイルにお悩みの女性が、参考とすることができるファクターの一つであることは間違いないでしょう。

しかし、世相の変化や女性の社会的役割の変化によって、ヘアスタイルが多様化したことも手伝い、女性のヘアスタイルがもたらす印象は、より個別化が進行してしまいました。

つまり今後、男性を意識してヘアスタイルを決めるのであれば、恋愛を重視する場合汎用性よりも相手の嗜好を優先した方が効率的ですし、就職活動を重視するのであれば、清潔感や真面目な印象を与えることを意識するのが効果的であると言え、同性を意識するのであれば、過度に男性を意識したと思われやすいヘアスタイルを避けることも必要となるのです。


この記事をシェアする